2010年04月13日

vege man 埼玉県 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
 
菜食のススメを見て、肉食は様々な問題があるということがわかり、ベジタリアンと
して生きていくことを決めました。
 
特に屠殺場での動物の扱い方を見て、絶句しました。
あれを見て平気でいられる人たちはちょっと、、、。
 
2)その後の苦労話
わたしは18歳の実家暮らしなので、外でも家でも大変です。
親にはなぜベジになったかをいまだに話せていません、なので「は?なんで?」と
いった状況です。
他人にも偽善者だの宗教だの言われそうで怖いですね。
「草だって生きてるじゃん」とか屁理屈言われたくないし(笑)
かといって説明や討論をするにも空気が悪くなりそうで、、、。
やはり日本ではちょっと難しいところがあるかもしれませんね。  
 
3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
はじめてまだ間もないので今はまだわからないです。
皆さんがおっしゃっているように、「体が軽くなる」とか「エネルギッシュ」という
ようになれたらうれしいです。

4)悪かった点
これはやはり人間関係などだと思います。
あと食事をとるさいに少し大変です。

でも、続けていれば良いことがあると思うので、やったことの無い人はチャレンジし
ても良いと思います。


posted by reasonvegetarian at 17:50| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

チチ

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
  
  命を奪ってまで生きていたくないという理由です。
  

2)その後の苦労話
  今回の太地町のイルカ漁について、多数投稿されたコメントに目を通しましたが
シーシェパードの製作映画をを批判する人が過半数でショックでした。どうしたら肉
食人口を減らすことが出来るのでしょうか。ベジタリアンの皆様、尊敬しておりま
す。ガンジーのように高貴な方々ですね。それにしても日本は外国よりベジタリアン
人口が少ないですよね。  

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
  庄司いずみ著の野菜料理本(タイトル多数)、お勧めします。
  ハンバーグ、味噌汁、カレー、スープ、餃子など、すべて野菜のみの利用で満足
感が得られ、野菜の甘みを感じることができます。
 

4)悪かった点
 なし
posted by reasonvegetarian at 00:18| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

トム 山口県 男性(52歳)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
いつかはベジタリアンになりたいと思っていたところ、この菜食のススメで・・・
(まだ一ヶ月しか経過してません)

2)その後の苦労話
まだ一ヶ月なので、ないです。
家族も協力してくれており、助かってます(子供は肉食嫌いですし)

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
体調が良くなるのは当たり前で、益々、小食になりました。
今のところ体重に変化なし。

4)悪かった点
当分の間、外食禁止。飲み会禁止になりそうです。
posted by reasonvegetarian at 18:14| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

静珂 (東京都 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
高校一年生の頃、大切な友人から紹介していただきました。
私は菜食主義者というもの自体、知識が少なく、
菜食とはどんなものかという定義から入りました。
疑問に思うようなことは議論し、詳しく説明を受けた結果、
自らの生命の質のために、同じく快苦のある動物を苦殺するという
人間中心主義的エゴイズムに嫌気がさし、
環境倫理面、健康面も含めベジタリアンになろうと思いました。

2)その後の苦労話
外食に誘われた時には困ります。
菜食でない周りの人があからさまに気を遣ってくれるので、
時には申し訳のない気持ちにもなってしまいます。
これから修学旅行なので面倒臭いことになりそうです。

加工品を買う時には必ず原材料名をチェックするほか、
衣類等を買う時も同様に(主に皮製品ではないか)
を確かめてから消費します。
もう約二年間菜食なので慣れましたが、
最初の頃は正直大変でした。

あとは身内や友人からも変人、不思議ちゃん扱いをされ、
宗教云々の話は今でもよくされますね。
別にそれが嫌っていう訳じゃないんですが、
宗教の事を大して知らない人間にそんなことを言われても、
こっちはこっちで説明に困ってしまいます。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
冷静な思考や判断力が自然と身につき、
頭の回転が速くなったような気がします。

体調面では不思議なほど風邪をひかなくなりました。
あと以前と比べ、驚くほど体が軽いです。
だるさなど、体の重さを感じることがなくなりました。
便通も本当に良いです。従って肌も大分綺麗になりました。

それから、菜食の皆さんの同朋意識には嬉しさを感じます。
経験上ですが、数年ベジタリアンだという方は
頭がよく、優しく接してくれる方が多いです。
これは本当に良かった点です。

4)悪かった点
2)と同じです。
posted by reasonvegetarian at 20:58| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

prometheus(東京都 男性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
決定打はEarthlingsを見た事でした。
その前後supreme master tvも見ていて動物虐待や屠殺のシーンを見て、動物を傷つ
けないで生きる道を選ぼうと思ったからでした。
http://suprememastertv.com/

2)その後の苦労話
よくカルト信者とかテロリスト呼ばわりされました。
周りも家族も肉食なので変人扱いされています。
スーパーに行ってもほとんどの物は動物由来なので自分で作らないと食べる物がほと
んどないですね。
冠婚葬祭など、どうしようか悩ましいです。

3)菜食をつづけて良かった点
体調の変化など肉を食べるのを止めて2週間後ぐらいにちょっとした腹痛があって
ちょっとした下痢っぽい便が出た後体が軽くなりまるで地球の重力が二分の一に感じ
るようになりました。
肉が全部出たんでしょうね。
肩凝り腰の凝りも治りました。肩凝りになるとマッサージや鍼灸で治そうとする人が
大多数だろうけど、肉を食べ続けている限り又すぐ凝りになりますね。

4)悪かった点
2と大体同じ。人間関係が一番困りますね。
posted by reasonvegetarian at 03:08| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

aya (北海道 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
きっかけはこのサイトを見てからです。これを見てから改めて私たち人間が、こ
んなにも残酷なことをしていたのを思い知りました。私は動物好きです、なのに肉を
食べているのに矛盾を感じました。

2)その後の苦労話
やっぱり、親がうるさいです。
さぁ、今日の晩飯はジンギスカン♪とても食べる気になりません。
なのでお母さんに肉はいいよと言ったら、
「え〜!どうしたの!?いつ宗教にはいったのさ(笑)」
祖母も爆笑していました。やはり理解してくれないか・・・
なんで「肉を食べない=宗教に入った」なんですか!?
そんなに可笑しいですか!
多分この人たちは一生菜食者を理解しないでしょう。 

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
まだ始めてからまもないのでわかりません。
でもきっと身体の調子はよくなるとおもいます。

4)悪かった点
2と同じです
posted by reasonvegetarian at 00:34| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

rei (女性 東京)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

抵抗することが出来ない、人に運命を握られている弱者を
虐げたり、殺したりすることは、卑劣だと思うようになったから。
ニュースで子供や老人やホームレスへの虐待や殺人を聞くと、
とても心が痛み、許せなかった。
対等に戦ったり、抗議したりする事が出来ない相手への攻撃は、
決して許してはいけないと強く思った。
すると、最も社会的弱者は動物だということに気付きました。
  

2)その後の苦労話
他者へ強要しないのでありません。
理由を聞かれた時だけ、説明します。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
ひどかったアトピー性皮膚炎が治りました。 
専門機関で血液検査からパッチテスト迄しても原因不明だった皮膚炎。
病院も、強いステロイドも、高価な漢方薬も役に立たなかった
深い悩みが自然に消えていきました。
肉食を止めてから半年〜一年くらい経ってでしょうか?
意図していなかったので、驚きと大きな喜びです。
お風呂に入っただけでも、温まったという理由で、
全身に出ていた、ひどい痒みを伴う赤いカブレ・・・
二度と経験したくないので、肉食はしません。
なにか、西洋医学と欧米化を信奉してきた日本人が、
いかに心身に無理を強いていたかに気付いたような気持ちです。
私は中年になりましたが、病気をしたことがありません。
健康は自分で作るものだと、つくづく思いました。
色々と調べたら、甲田光雄先生が本に書いていらっしゃいますね。
  

4)悪かった点
ありません。
病気知らずで申し訳ないくらい元気です。
posted by reasonvegetarian at 03:17| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

猫とパンダ(栃木県 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
  
  動物達がかわいそうだから。
  
  もともと犬猫の殺処分の大反対で色々調べてるうちに
  この菜食のススメのページに来ました。

  そして身体に悪いということも分かりました。
 

2)その後の苦労話
  
  お魚は頂いてるので、外食もでき特に苦労はありませんが、  
  (魚菜食)
  好物だったピザやグラタンが食べれないことだけは
  正直ツライです。
  

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
  
  ペスコベジタリアンになってからまだ7ヶ月ですが・・・、

  ●便通がとてもよい。
  ●怒ることがだいぶなくなった。
  ●睡眠過剰が治り、寝起きもよくなった。
  ●アトピー性皮膚炎が治ってきた。
  ●興味がなかった料理が楽しくなってきた。
  ●風邪をひかない。
  ●体重が自然に5kg落ちた。
  ●食費が減った。
  ●身軽になりマメに動くようになった。
  
  *花粉症だけがまだ治りません* 

4)悪かった点
 
  特になし。
posted by reasonvegetarian at 06:47| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

しほ (オーストラリア 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
もともと肉・魚は、週に1,2度しか食べていませんでした。
健康、スピリチュアル、環境の面で、食生活を改善したいと思っていたので、ベジタリアンになりました。

現在、オーストラリアに住んでいますが、ベジタリアンはあまり珍しいものではなく私の周りにもベジタリアンの友人がたくさんいます。

このホームページを通して日本でもベジタリアンの人が増えることを願います。

2)その後の苦労話
両親の理解を得るのが難しいです。話すより態度で示すよう、努力しています。

今、日本に帰国していますが、友達と会って外食をする時のお店を選びが大変です。日本では、ベジタリアンはあんまり普及していないので普通のレストランに行くと食べれるメニューが無いことが多いですね。

日本では自分が料理しない場合、ベジタリアンの食生活はほぼ不可能ということがわかり、タレやソースなどの点で妥協しています。

オーストラリアでは、普通のパブやレストランにもベジタリアンのメニューが必ず1,2品あるのであんまり苦労することはありません。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
便秘が解消され、血行が良くなり、肌も以前よりきれいになりました。
環境にも、体にも良いことをしているという意識が高まり、気持ちも明るくなりました。

食費をかけず美味しいものを食べれるようになり、お小遣いが貯まりました。

また、本当の友達とそうでない友達を見分けることが出来ました。
ベジタリアンになった時、一番仲の良い日本人の友達に話したら、その後、ベジタリアンのディナーパーティを開いてくれました。彼女は、ベジタリアンではないけれど、私のことをいつもサポートしてくれるので改めて素晴らしい友達を持って良かったと実感しています。

4)悪かった点
悪いというより、気を使っている点は、鉄分、B12が不足しがちになるので、ナッツや青野菜を意識してとるようにしています。

お茶が好きなのですが、食事のときは飲まないようにしています。(タンニンによって、採った栄養分が流されてしまうので…)

お菓子、調味料などの成分表を細かくチェックしていますが、日本の表示はかなり大雑把なので、危ないと思ったら手を出さないように気を使います。
posted by reasonvegetarian at 13:42| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

sayo (福岡県 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
もともと 霊的な見方からすると肉食はバツだということで
あまり食べないようにしていましたが ふと 動物たちはどんな風に
殺されているのだろう?と疑問がわき 調べて ここに辿り着きました。
ショックでした。これまでなんの疑問もなく 食べ続けていた自分を
責めました。今もそうですが悪い夢を見ている気持ちです。
牛や豚 鳥の せつない叫びが 胸に痛くてつらいです・・

2)その後の苦労話
家族の理解が なかなか得られません。
特に夫。お前は変だ と言われます。
悲しいです。子供は肉を食べたがります。
魚介類はいただきますが 時々家族の食事には 肉を使ったりします。


3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
食べるものに執着がなくなりました。野菜がとてもおいしいです。
花や野菜が 話しかけてくれてるような気がするようになりました。
犬と猫を飼っていますが 彼らもより近しい存在になりました。
感覚が鋭くなり 頭が澄み切っています。
怒りの感情がなくなりました。

4)悪かった点
ありません
posted by reasonvegetarian at 22:30| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。