2014年02月18日

いち 東京都 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

永伊監督のセミナーに出席し、様々な知識を得たこと、

また3.11東日本大震災時の原発事故により放射能について

勉強し、健康に生き延びるための手段として、食べなくても

生活できるなら必要ない、と思い決断しました。



2)その後の苦労話

ベジであることをカミングアウトすると「ちょっとぐらい

いいじゃん」などと不勉強なカスが強要しようとしてくる

事に腹がたったこと。

知ってしまった事により、肉食の不条理さ、不合理さ、資本主義

の歪み等に憤りを覚えずにはいられず、それが逆にストレスになって

しまう事。



3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など

お腹あたりにあった異物感や便秘、体臭、体の重さ等が

なくなった事が良かったです。

環境や健康に良いという満足感も得られました。

付随して知識量も増えました。

良いことずくめです。

むしろ知ってしまったら肉食の不条理さ、不合理さ、資本主義

の歪み等が際立ち、推進している方たちは狂っているのだなと

強く感じました。



4)悪かった点

ないです。知れて良かったし、良いことずくめです。
posted by reasonvegetarian at 08:00| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

中山純一 茨城県 男性

ぴかぴか(新しい) http://ameblo.jp/junkandorganic/

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

世の中の過熱するファスト化に対し
「これが正しい生き方なのか?このままで幸せなのか?」と違和感を覚えた。
もっとスローに生きたい。日本の伝統文化を守りたい。
日本人のアイデンティティを失いたくない。取り戻したい。
その中で食についても考え直したことがきっかけです。

2)その後の苦労話

周囲の肉食奨励と相反することで
「周囲の人達を不快にさせないか?」と考えたこと。
今は普通にカミングアウトしています。
日本ではほとんど外食できないですね笑

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など

精神的に落ち着いたと思う。
カラダも元気。

4)悪かった点

肉を見る度に悲しくなること?
posted by reasonvegetarian at 16:33| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

タカ 埼玉県 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

歴およそ2ヶ月。まだひよっこです。
環境問題や人工増加と食料供給のジレンマやサバイバルイシューとしての畜産の問題に興味を抱いていた。また残飯の問題には強く疑問を抱いており、まずは腹八分目を意識し出す。しかし自分なりにできるエコ実践に限界を感じてきており、そんな中でウィークデーベジしたらいいじゃないという主張を聞き、まずは手軽にやってみるかということで始める。

その後一週間のうちに、疎かった食品の安全性の問題、アニマルライツ、その他の情報をものすごい情報量で認識するようになった。そこからラクト・オボ→オボに続き、完全ではないが極力veganを心がけるようになった。

2)その後の苦労話
家庭との調和。パートナーは肉食でありたまに菜食に付き合ってくれるが全面的な理解、ベジの達観には至っていない。
環境意識からの導入のため人に広めたいと考えているが(ある種の使命感)、聞く側の理解がなかなかティッピングポイントを越えないこと。


3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
食事を摂れるのが幸せに感じられるようになった(まだ味覚の変化には至らない)。
問題の矛先が地球規模とスケールが比じゃないため、仕事などの些細な事象にはあまり臆することがなくなった。(家庭との調和の問題は唯一の憂鬱)
自分の歴史に大きな善方のターニングポイントが刻まれた気がしていること。
ベジの眼鏡をかけ回りを見ると気付かなかったことに気付けるようになった。(あらゆるものに動物性があると言うことに気付けたり。コンビニはほぼアウト。ただ新世界のようでたのしい。)


4)悪かった点

パートナーとの不和の一つの種になった。
posted by reasonvegetarian at 00:00| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

キンタ 北海道 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

このサイトやほかのブログや動画を見て、いかに動物が傷つけられているか、肉食が体に悪いか、環境にも悪いかをすべて理解したから。
あと霊的な面から見ても殺傷はよくないし、
人の魂・肉体にほかの生き物を殺して食べることは適合していないから。
サイト内にも書いてありましたが、肉食を習慣的にやっていると身体がアルカリ性から酸性になり霊的なバイブレーションが下がってしまうらしいです。肉体にも影響があり攻撃的になったり。

2)その後の苦労話

理解者が極端に少ないことですね(汗

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など

口内炎が定期的にできる体質だったんですが完全に消えました。
性格が穏やか・冷静になりましたねー。
あとなんか体調良くなったかも。

4)悪かった点

ないですね★
posted by reasonvegetarian at 17:04| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

稲 神奈川県 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
彼女が肉魚を食べないということで、同じ食事傾向になり、知れば知るほど、どう考えてもベジタリアンが理にかなっていることに気付く。
動物愛護、環境問題、健康問題の話を肉魚料理を囲んで話す意味がわからなくなり、数々の出逢いで五葷も摂取しないオリエンタルベジ(風)に。

2)その後の苦労話
決して外食の選択は自由とは言えない。(でも困ることはない)
理由を聞くわりに、全然話を聞こうとしない人との会話。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
体重は-15kgで安定。(もともと太めだったからだと思う。)
あらゆる局面で客観視できる余裕。
体調を崩すことはまずない。
運命が好転すること。

4)悪かった点
全くないです。
posted by reasonvegetarian at 16:07| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

ピコリーナ 滋賀県 女性


1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
ずうっと子宮・卵巣の病気を持っていましたが
2年前の誕生日に突然 ヴィーガンになろう!!
と決心しました。

2)その後の苦労話
特に苦労した事はないです
一般の人と食事する時は
同じものを食べたりしてますから


3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
子宮・卵巣の調子が良くなった
体重が減った
妙なだるさやイライラがなくなった

4)悪かった点
特に悪かった点は思い当たらないです
posted by reasonvegetarian at 18:29| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

Sweet Garden 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

・YouTubeで屠殺の映像を観て、衝撃的であると共に動物の殺し方などが残虐であることがわかったため。
・畜産に使う穀物は人が必要とする、穀物の10倍以上もの量を必要とするため、地球環境にも良くないという点。
・健康的理由
・ベジタリアンになることで、間接的だが飢餓を少しでも減らそうと思った為。
・今はマレーシアで生活していますが、日本よりもベジタリアンレストランが多いと思いますし、持ち帰りも出来るし、安いため続けて行きたいと思います。
・目標はフルータリアン。とりあえず今はビーガン生活中です。


2)その後の苦労話

・ベジタリアンでない友人との食事など
・今のところビーガン生活を心がけてますが、パンなどに牛乳が入っていると買えないなど・・・。
・他者の理解(理解してもらえなかったり)


3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など

・まだ数週間ですが、体が軽くなった気がします。
・前よりも感情的にならず、冷静になれた?かな。
・ベジタリアンの友達とベジレストランへ行くことが楽しい。


4)悪かった点

・Coming Outの時期など、少し気を遣うこと。
posted by reasonvegetarian at 20:07| 地球環境・飢餓救済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

四六 茨城県 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
ちょっと恥ずかしいのですが「ジャングルの王者ターちゃん」という漫画がきっかけです。ターちゃんとその妻ヂェーンはベジタリアンです。ターちゃんは密猟者から動物達を守るために戦います。ヂェーンのセリフ「確かにニューヨークにいた頃は肉も魚も食べていたわ。でもアフリカに住んでターちゃんと暮らすようになって、かわいい動物達を殺して食べないと生きていけない都会の暮らしがあわれだって事がわかったのよ」「私が怖い事は、象牙や毛皮を好む人達が、間接的に動物を殺している事に気が付かない事。そして象牙や毛皮の一つ一つに元の命がかくされてるって事を知ろうともしない事ね。」この漫画の影響でベジタリアンとはどういう生き方ぞと調べるようになって、それまで知らなかった恐ろしい事を知って肉も魚(魚介類)も食べられなくなりました。考えてみたら、飼ってる猫がどんなに可愛くて毛並みが良くても殺して皮をはいで自分の身に付けようとなど思わない事と肉を食べない事は同じ事ですね。

2)その後の苦労話
調味料一つ買うのでも裏を見て動物成分が入ってないか確かめるので買い物に時間が掛かるようになりました。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
特に何も変わらないと思います。

4)悪かった点
良くも悪くも体調に変化はないです。
posted by reasonvegetarian at 11:59| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

titi 新潟県 女性

中学生から、20代半ばまで、ラクトオボベジタリアン。現在は、ほぼビーガンです。
実家の祖父が、趣味で肉牛の親子を飼っていたのを見てきたせいか、幼い頃から、動物を苦しめて生きていくことに対する疑問を感じていました。その気持ちが自分の中でどんどん強くなっていき、今に至ります。
日本、それも地方なので、菜食だと、やはり偏見のある方からの誹謗、不便は少々ありますが、もう慣れました(笑)

菜食をしてよかった点。まず一番に、自分の良心を欺かなくていいこと。これといったスポーツもしていませんが、体型がほとんど崩れないこと、風邪の治りが早いこと、ベジタリアンのおかげかわかりませんが、予防接種無しでインフルエンザにも10年以上かかっていません。食費が安いことなどなど。
悪かった点は、特に無しです。
posted by reasonvegetarian at 11:28| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

幸夫

肉を辞めてから体のだるさや心や精神が見違えるほど良くなりました。
不安や悩み、心の浮き沈みがなくなり目標を立ててから次々と実現しはじめました!!

物忘れもなくなり記憶力もよくなって・・・。

世の中で当たり前とされている地球温暖化やニュースや色々な情報にも庶民では到底わかりえないような真実をわかるようになってから、もっと早目に菜食にしていたら人生はもっと変わっていただろうという悔しさもあります。

みなさん!
あなた方一人一人が個々の目標を早期に実現したいならば肉をやめて菜食中心の食生活に変えてみてください!
地球上の人々が崇高な精神の持ち主になれば、今ある様々な問題はほとんど解決されるでしょう!

それに、肉の需要がなくなれば人間に食べられるためだけに生まれてくる家畜や餌のために大量消費される穀物のために起きている環境破壊や飢餓、遺伝子組み換え種子など生む原因もなくなるのです。
今、人類、庶民が望まない方向へすべてが進んでいます。
幸せになれないのは政府や世の中のせいだけではありません、信じて疑うことを自らしようとしない庶民や私たち人間
にツケが回ってきたのです。

肉食によるリスクと弊害は今ある世の中すべての物事につながっているということにきがついてください。
posted by reasonvegetarian at 19:41| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。