2005年06月15日

すべては一つ

生まれたときから食べれませんが、  
そして、食べれない状況・食べれない出来事が次から次へと起こりました。
今となれば 宇宙の計らいに感謝です! 

田舎で馬や牛さんのお世話をしているときに、
どうして、みんな、こんな大きな瞳を持つものを食べれるのかと 
不思議におもっていました。
食べれない私はみんなからは変でしたが
それでも周りの人に動物を食べれないと正直にいいますから 
みんな、それなりに協力してくれます。
  そして、幼い頃からいつも、一緒にいる友だちも食べれないので食べれないことに違和感はありませんでした。

そんな私ですが「菜食のススメ」に出会い、動物を食べれないようにと生まれて来たことに本当に感謝ができました。
 「菜食のススメ」の出会いのおかげで いろんな学びに出会い真実が見えて来ました。人間の生まれてきた目的もわかりましたので 大変、幸せです。  

日本人はもともと農耕民族のDNAが根本にあるので 地球上でも意識レベルが高いそうです。 この地球上のすべてのものの意識をあげる役割があるので 宇宙・ 世界中が応援してくれています。 はやく、それぞれが心の毒・体の毒を出して意識レベルをあげ  綺麗な心と素直な心、まじめな性質を取り戻し、宇宙のために地球にご恩返しをみんなでさせて頂きたいですね。
posted by reasonvegetarian at 09:37| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

松ちゃん

僕は、神の言葉が書かれた「宇宙の理」という本を読んで、
「地球人類の肉食は、間違いである!」
「早く肉食を、やめなさい!」
と教わり、肉を食べるのを完全に、やめました!
もともと小さい頃から、肉は嫌いな方でしたが、加工品は、ときどき食べていました。
でも、それ以来、完全に菜食になりました。
posted by reasonvegetarian at 00:00| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

林一道(広島県)

ベジタリアンになってまだ3ヶ月です。
手探りの食生活ですが豊かさを感じています。
私の場合はこの世にネガティブを増やさないために菜食に徹しています。

わたしはヴェーダ・レイキを実践しているヒーラーです。
ベジタリアンの生活を通して感じることは顕著にヒーリング効果が高いと言うことです。

こちらのホームページは大変参考になります。
もっと多くの方が食生活に対して想像力を向けることが出来たらと切実に感じています。

これからもホームページの運営管理大変でしょうが、
がんばってください。
私もベジ実践を通して菜食の良さを普及していく所存です。
posted by reasonvegetarian at 14:43| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

リリック

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
高校生2年生の始め頃ですね。
まあ、人間誰でもある悩みなんですけど、「死ぬ」のが怖くて怖くてたまらなくなったんですよ。
そっから、色んな本を(主にスピリチュアル)読んで菜食に目覚めました。
釣りとか大嫌いでしたね。
一回だけ行ったんですけど泣いて「お魚さん池に戻してぇぇ!!!!」等と叫んでいました。
こう思うと私はベジタリアンに成る可くして成ったのかなと思います。

2)その後の苦労話
修学旅行の時なんて、大変でした。
食べることのできるものが無いんですよ。
それを見かねた先生が考慮してくれて自分だけ違う料理でした。
例えばほかのみんなはステーキとかハンバーグでしたけど、私は野菜の天ぷらでした。
だからといって、ほかの料理になんの見劣りも感じませんでした。
なんか得した気分になりました。
でも、みんなが冷ややかな目で見るんですよね(笑)。
それはちょっとだけつらかったです。

3)菜食をつづけて良かった点、悪かった点

良かったのはもう動物を食べないで済むという、罪からの解放です。
悪いというか不便なのは、食品を買うときに成分表を細かくチェックしないといけないことくらいです。
チキンエキスパウダー、ポークエキスパウダー、○○エキスパウダー。大変ですよ。
posted by reasonvegetarian at 23:18| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

キャメリゼ(神奈川県 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
母がスピリチュアル系のことに興味があって、
波動に良くないからと言うので、
はじめました。

2)その後の苦労話
やめるにあたって当時ストイックだった私は
体質改善に5日間、植物酵素と水と青汁(専用に調合してもらったもの)
でダイエットもかねてやりましたが、ストイックすぎて、
リバウンドと、なかなかやめられない葛藤とで
気楽に慣れるまで1年くらいかかりました。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
ネガティブになりずらいし、怒りづらくなった。
そして何より、食べると頭が痛くなるし、極度の便秘か下痢になります。
砂糖系も頭に雲がかかったように思考が停止してしまいます。
摂取した食べ物に敏感に反応するようになりました。

4)悪かった点
幸い私の周りにはもともと肉も魚も食べれない人や、
他の人にも理解が得られているので
焼肉屋にいっても無理強いはされませんが、
(体質に合わなくてお腹壊すって言うと大体わかってくれます。)
仕事の合間に外でランチっていうのが本当に大変です。
食べるものが無い。。毎日蕎麦・みたいな。
相当・飽きます。
芋ばっかり食べるようになりました。
posted by reasonvegetarian at 03:28| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

モン吉りお(兵庫県)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
アセンション意図から。。
そのうち、動物は好きだけど肉料理も好きで、美味しい美味しい言いながら平気で食べて来た事への矛盾や、その為に殺されていく動物の事を深く考える時間が増えたから。

2)その後の苦労話
家族からは不満そうにされ、気まずかった。
家の者は皆、普通に肉を食べますので。
あとはこれは苦労では無いと思うが、自宅の冷蔵庫はじめスーパー等行くとほぼ動物系の食べ物ばかり。
今までどうも思わなかったけれど

『この光景は日頃いかに沢山の動物の命を奪っているかの証拠だ。それも生きる為だから。と、当たり前の顔をして食べる。
動物達が直面する恐怖を無視してまで彼らを食すのは必要な事…?』

………今の今まで思いもしなかった。
自分の傲慢さを恥じ落ち込んだ。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
かなり便通が良くなった!
動物好き。
でも肉料理好き…という、見て見ぬフリをしてきた矛盾や
『食べたいし仕方ない。感謝すればヨシ』
という浅はかさ、執着を自然に手放せた解放感が大きくあります。
身も心も軽いです。
posted by reasonvegetarian at 23:21| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

さゆり

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
霊に憑依されたこと、その後の霊現象などで、自分が憑依体質で霊感が強いというこ
とを知りました。
そういう人は、肉と砂糖は食べない方がいいと言われたのがきっかけ。
もうひとつは、健康上の理由です。
決して宗教ではありません。

2)その後の苦労話
肉に関してはあまりないですが、鶏がらスープやコンソメなどのダシ系をどうするか
苦労してます。
砂糖は、スイーツのつきあいに苦労してます。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
肌がキレイになりました。あまり怒らなくなりました。

4)悪かった点
特になし。
posted by reasonvegetarian at 00:23| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

ゆきこ 秋田県 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
このようなサイトがあり、そしてベジタリアンの皆様の投稿を読んで嬉しくなり、私の意見も是非投稿させていただきたいと思いました。
私が菜食を決意した理由はとある本(スピリチュアル関連)を読んだ事です。
その本には肉食は本当は良くない。なぜなら動物も人間と同等の存在で人間によって好き勝手に扱われていい存在では決してないこと、肉食に罪悪感があるならば、やめるべきであるといった旨のことが書かれてあり、ハッとわれに返り、それはまるで悪い夢から覚めたかのような感覚でした。
自分はその本を読む前までは人並み程度に肉を食べていました。特に多く肉を食べるという家庭ではなかったと思いますが、今まであまりにも無知だった自分を恥じ、自分が罪深い人間であると思っています。

冷静に考えれば牛や豚や馬や鳥、食肉として加工される動物達がいつ私達人間に食べてもいいよなんて言ったのでしょうか?動物の言葉が分かりますか?極端な考え方かもしれませんが、人間だって自分や自分の家族が屠殺場につれていかれ、食肉として加工されるなんて考えてみただけでぞっとするでしょう?動物だってそれは同じなんじゃないの?とまで考えるようになりました。

屠殺場に連れて行かれた動物は殺される前に涙を流すと聞いたことがあります。彼らに感情が無いなんてどうして言えるでしょうか。
元々は菜食の国なのに、あまりにも肉食に偏りすぎた現在の日本の状況を見て、愕然とする事が多いです。
肉食系という言葉がありますが、それも今の日本の状況を反映した表現だと思います。それとベジタリアンになって随分とものの見方、見え方が変わりました。

2)その後の苦労話
外食時やスーパーでの買い物時などは肉が入っていない食品を探すほうが大変なくらいなので、その点は苦労します。
肉は入っていないだろうと思って注文しても実は入っていたりするのでそのたびにため息がでます。
そして改めていかに日本の食品が肉偏重なのか改めて思い知らされます。

また肉を食べなくなってからどうも特に肉を好んで食べる人や、好物は肉と発言する人に対して違和感を覚えるようにもなってしまいました。
以前の職場に飲み会の会場についての話をしている時に「肉食わせろ〜!」ととある女性が笑いながら(本人にしてみれば多分可愛いらしさを演出したつもりで)言っていましたが、その言葉を聞いたとたん(いけないとは思いつつも)彼女に対して嫌悪感のような感情をもってしまい、その後の彼女との人間関係に暗い影を落としてしまいました・・・。

また私は海外(ヨーロッパ)で暮らしたこともあるのですがやはり日本よりも自分はベジタリアンであると公言しやすいと思いました。そして海外は肉食の人も多い一方で、ベジタリアンに対しての偏見が日本に比べてずっと少ないように思いました。それぞれの考え方を尊重してくれるというのでしょうか・・・。
日本でベジタリアンというとかなり珍しがられますし、言いにくさも正直言ってあります。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
私は肉を食べなくなって数年たちますが、甘いものや肉以外の油物(コロッケなど)は好んで食べますので体調面でそんなに大きな変化は無いように思います。
ただ精神的には肉食をしていないという安心感というか(なんと形容したらいいかわかりませんが)誰になんと言われようとやっぱり肉食をやめてよかったという気持ちが大きいです。

4)悪かった点
悪かった点はなにもありません。これからもずっと菜食でいこうと思います。
よく、肉も大切な栄養素とか言う人がいますが、動物にこれでもかというほどの恐怖を与え、その結果奪われた命を食べてまで自分の栄養云々という気持ちは一切ありません。
posted by reasonvegetarian at 11:37| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

sea 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
私はもともと油っぽいものが嫌いで食べるのも野菜中心でしたが少量は牛、鶏、豚、魚あらゆる肉を食べてました。
しかし食べながらも可哀想だと思ってはいましたが、食べないと病弱になると思っていたので少量食べてました。
ベジタリアンになろう(というかもっと控えよう)と思ったのはスピリチュアル本がきっかけです。私は霊的世界や宇宙人を信じていて大好きだったので、
その中でも「アミ 小さな宇宙人」を読んでから
あまり食べなくなったと思います。
もっと量を減らしたのはスピリチュアル関連の本をたくさん読んでからです。
どの本も共通して肉食は良くない風に書いてました。

今はラクト・オボ・ベジタリアン(でしたっけ?)に当たると思います。
しかしいずれ自活するようになったら、ビーガンになれたら素晴らしいなと思ってます。


インコを飼っているのですが、今は完全に嫌われてて近寄れない状態になっているので、それが悲しいです。
もう狭い籠から出して遊んであげられないのかも知れない…(泣)
動物に意識注いでから他の家族に任せきりだった餌やりをしたり、なるべく話しかけるよう努力してはいるのですが…。

2)その後の苦労話
えっと…むしろまだ苦労してます(汗)
ほとんど食べれるものがなくて…でも野菜のほうがおいしいと感じます
最近は原材料とかなるべく見るようにしてます

あとやっぱりベジタリアンになると自分の意見を通すから、周りに迷惑がかかるのが気になります。特に今はまだ学生なので余計に…。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
体のだるさは幾分かマシになったように思います。
あとネガティブ思考や
神経質でイライラするのも同様に。
少し痩せたのと、体がスッキリした感じはあります。
性格が明るくはきはきしてきたように思います。

4)悪かった点
今まだ食べるものと食べないものの境が曖昧で…(汗)今日牛乳控えようかと思って、豆乳飲みましたがw
完全なビーガンに果たして自分がなれるかどうかちょっと分かりません(汗)
体や精神に悪いことは今のところないです。
というかむしろ健康になったように思います。


あと余談ですが、海の環境も気になってるので
シャンプー、リンス、洗剤などの泡類は無添加のものを選んで使ってます。(対してエコになってるか分からないのですが…。)
で、なるべく節約するよう心がけてます…。
posted by reasonvegetarian at 20:10| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

Semiramis

当方は魚介、鶏卵、乳製品は摂ります。理由としては、日本の伝統食を基準にしているからです。
乳製品は頻繁ではなく、極たまにチーズを摂る程度です。

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
世の中の仕組みを調べてゆく内に、食べない方が幸福になると判断したから。

2)その後の苦労話
蕎麦屋が休みの日に、ついつい隣のラーメン屋に入ってしまった。
その日に限って仕事でミスったりと厄災が降りかかった。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
体調を崩す事が少なくなった。
金運や異性運など、運勢が向上した。

4)悪かった点
同人ゲームを制作しているが、ゲーム内で菜食の話をすると、肉食者から叩かれやすくなる。


菜食については、自作ページに纏めました。
スピリチュアル情報から社会の真実まで幅広く。宜しければ訪問してください。
http://semiramis.sakura.ne.jp/another1.html

当方のサイトで公開している同人ゲームには、菜食や不食のキャラクターが出てきます。ジャンルも学園モノから冒険や推理まで色々と。
posted by reasonvegetarian at 23:29| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

hikari 埼玉県 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
学生時代に七年間のうつ病を経験し、精神世界の本を読み漁って時期がありましが。その当時はベジタリアンではなかったのですが、大学を卒業し留学先(北京)で
あまりにも血生臭い料理が多い場所で、肉食ばかりで肌と体調が異常におかしくなり、肉を食べていたころは毎朝絶望感を覚えながらの起床でした。
言葉にできない虚しさと空虚感にしばらく悩まされていました。

今は思うと肉を食べた翌日に起こる絶望感と空虚感は屠殺される動物の波動を無意識に受け取っていたのかもしれません。
もともと敏感な体質だったので。

2)その後の苦労話
なるべく海鮮ものや、肉を除けて食べています。
ただやはり上司の前や大切なお得意様の前では相手に失礼のならないよう肉を頂きます。

ベジタリアンになったから、肉好き!焼肉!!と嬉しそうに公言する人を無意識に知識の劣った人と見てしまうことが多くなった。
本当にいけないことと承知しておりますが、どうしても野蛮に見えてしまい、
尊敬できなくなってしまう人がいました。
これだけはどうしても正直申し上げて率直にあります。
まるで先進国の人々が土人の交通マナーや習慣をみて、
「まだこんなことやってるんだ、、、、」と思う感覚に似ているかもしれません。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
1.ニキビがなくなった、肌が透き通るように綺麗になった。
2.あきらかに肌が白くなり、透明感で溢れるようになった。
3.何人かの知り合いに「なんか雰囲気が仏様みたいだね。笑」「あなたは仏キャラだよね。笑」とからかいもありますが、言われるようになった。透明感が増したせいだと思われます。
4.便秘がなくなった。
5.美しい音楽を聞くと全身に鳥肌が立ち、溢れるような感覚を経験する数が
圧倒的に増えた。なぜ?
6.モテるようになった。ちょっと書かせて下さい。笑。プロポーズを二人から。やはり透明感が増しためか。
7.人からとても大切にされるようになった。やはり品性が上がったからか?
8.品がよくなった。よく笑うようになった。
9.美しい音楽や香りを愛するようになった。
10.人を心の底から、動物を心の底から自然に素直に愛せるようになった。それによって友達が増え、多くの人から男女ともに愛される人生になった。
特に子供に人気があって、自分でいうのもなんですが、
どんな子供も高確率で落とせます。笑
子供は感じ取れるのかなー?

4)悪かった点
やはり友達や知り合いの理解が得られないこと。
肉を食べないとおかしいと思れ、無理やりからかわれながら食べさせられることも。そして肉を食べないとダメだぞと年配の方から説教をよく食らいます。
ちなみに両親からは変な宗教にはいってしまったのではないかと疑惑の目で見られてしまった。前途多難ですが、私は理性をもってやはり動物を人間の一方的な
目的でむやみに殺すべきではないという信念の元にベジタリアンを続けて行こう思います。もしせめて動物を殺害するならせめて、痛みを感じないようにして殺害すべきです。それがせめてもの愛ではないでしょうか。
posted by reasonvegetarian at 16:26| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

中山純一 茨城県 男性

ぴかぴか(新しい) http://ameblo.jp/junkandorganic/

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

世の中の過熱するファスト化に対し
「これが正しい生き方なのか?このままで幸せなのか?」と違和感を覚えた。
もっとスローに生きたい。日本の伝統文化を守りたい。
日本人のアイデンティティを失いたくない。取り戻したい。
その中で食についても考え直したことがきっかけです。

2)その後の苦労話

周囲の肉食奨励と相反することで
「周囲の人達を不快にさせないか?」と考えたこと。
今は普通にカミングアウトしています。
日本ではほとんど外食できないですね笑

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など

精神的に落ち着いたと思う。
カラダも元気。

4)悪かった点

肉を見る度に悲しくなること?
posted by reasonvegetarian at 16:33| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

misst 北海道 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

たまたまヴィーガンの米国女性とお話する機会がありました。
そういう生き方もあるのかー、すごいなぁ自分には絶対無理だな。と
思いながら知的好奇心からネットで情報収集して
シルバーバーチの霊訓を見つけました。
動物は人間のエサとして存在しているわけではない。
という感じの一文がストンと腑に落ちました。
動物を家畜にして商品にしてるのは人間が勝手にやってることだと。
お金になるからやめられないだけで、誰からも許可されたわけじゃない。
一気に食べる気が失せました。

2)その後の苦労話

いきなりガラッと食生活を変えても体がついてこられるか
少し不安で、徐々に減らしていこうとしたら
それがかえってストレスに。
加工品は材料欄をいちいち読むのが面倒。ほぼ買わなくなりました。

自分が食べて良いとした食品に対する食欲と闘ってます。
スイーツ好きなので和菓子への執着がひどくなることがある。

食に限らず何かを買うときに生物が犠牲になってるかどうかを
気にしてきちんと考えたいが、知識不足で線引きが曖昧になっている。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など

ベジ歴半年でも体調が良くなった気がします。
体・内臓と上手く会話できてる、肌がしっとりしたような。
イラつくことが少なくなった。
野菜果物お米、買う食材が決まってるから買物が早く済む。
もしかしたら嫌いなニオイに敏感になったかも。ライブ会場などツライ。
物欲やコレクションへの執着は減った。断捨離しまくってます。

小麦をほぼ食べなくなったのも体質改善の要因だと思ってます。

4)悪かった点

不意のお菓子おすそ分けに困る。
受け取り拒否も申し訳ないので、ベジだと話して
これっきりということで頂戴するけど、
頂いたものを食べるときは罪悪感。
テレビで料理が映って美味しそうでも、
食べ物と見なさないので混乱することがある。
共食いしているような感覚に襲われるので迂闊に見られない。

私は独り暮らしで他者との摩擦がほとんどないので
他の方よりコミュニケーション上の苦労は少ないようです。
家族、友人に宣言すると驚かれたし、なんで?少しは食べた方がいいよ!
と言われたりもしたけれどそれっきりで
それ以上の不愉快なことは現状ありません。
友人は情報提供してくれたり、ベジラーメンを差し入れてくれたりと
完全なベジタリアンではなくてもよき理解者です。
posted by reasonvegetarian at 22:01| スピリチュアル的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。