2005年06月19日

ぴぐれっと

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
膠原病ということがわかって、腎臓がやられていたので、 即菜食にしました。
あと最近教会に通い始めたのですが、この教会は菜食を 奨励しているので。

2)その後の苦労話
自分的には過去に糖尿病食やアレルギー食を経験しているので
特に苦労は感じないです。
ただ周囲の人の無理解には困り果てています。
病気で食べられないと言うと変な顔をされるんですよねぇ。
食べられない料理ばかりテーブルに並べられてしまう
飲み会にはもう行かないことにしました。
食べられない食べられないっていちいち主張するのも
何かいやらしいような気がしますし。

3)菜食をつづけて良かった点、悪かった点
よかった点はこれはもう食費が大幅に減った点ですね♪
野菜と果物と穀類などで充分満足して過ごせますし、
こころなしかお肌もきれいになってきたような気がします。
悪い点はリアルでの交友関係がこれから確実に減りそうなこと(苦笑)。
posted by reasonvegetarian at 00:00| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

赤翁

体を大きくするためにステロイド漬けにされた牛や、卵を大量に産ませるために鶏に女性ホルモンのような薬品 を食べさせているとかいう話を聞いてから、 こんなの果たして食べても安全なのかと思っていたところ、 偶然、肉食の害について書かれた本を読んだのがきっかけ。

同僚との昼メシや、飲み会を断りきれずに行ったときに 食べるものが限られる上に、注文したものが余っていると、 何も食べてないじゃないかと残飯処理させられそうになることだとか、ふと風邪をひいたときに、普段栄養をとって ないからだと決め付けられる、そういう目で見られてます
ます肉食を勧められる点が苦痛。

男なのでどうでもいいですが、肌は綺麗になりますね。普段から焼肉命的な生活してる人はそれ っぽい肌や顔をしてるのが分かるようになった。
悪い点は、付き合い悪いなぁとか、食べ物残して行儀悪いなあとか言われることですね。
posted by reasonvegetarian at 00:00| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

MM

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
私が本当の意味で菜食を決意したのは殺され行く動物たちの実態をインターネットで目の当たりにしたからです。
知らなかったでは済まされないと思いました。
他、環境に優しい、健康にいい、などもあります。

2)その後の苦労話
コンビニやスーパーで買う加工品の殆どが動物性食品を含んでいたり、お酒を作る過程や、化粧品や石鹸など身の回りの多くのものに動物が使われているので、どこまで実践するべきかのライン引きに苦労しました。
今は、できる限りのことをやろうという感じです。

3)菜食をつづけて良かった点、悪かった点
良かった点 自分は菜食をしているという意識がバイタリティーを高めてくれてます。
そして生きる上での自信にも繋がりました。

悪かった点 やはり人と食事や飲みに行ったとき、
ダメな食べ物はあるかと聞かれると、動物性食品全般とは言いにくいです。
posted by reasonvegetarian at 00:00| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

為谷邦男(52歳、男性)

《痛風発作が私をベジタリアンにした》
私は生活習慣病予備軍でした。肥満一歩手前、血圧と血糖値が高目、尿酸値高過ぎでした。
それで一念発起。2004年の夏、やっと重い腰をあげました。
ウォーキングを始めたのです。週4日以上。これは現在も続いています。
ところが、2004年暮れから2005年正月にかけて痛風発作に見舞われたのです。
そこで「ブリン体の多い食べ物は食べなきゃいいんだ」と、単純に考えました。
インターネットで調べたところ、肉類と魚類がプリン体が多いことがわかりました。
ところが、それで私がいきなりベジタリアンになったか?と言うと、そうではありません。
なにせ肉や魚の加工食品は食べていましたからね。具体的には、ハム、ベーコン、ウィンナー、ソーセージといったものです。加工するとプリン体が少なくなるからです。
それと、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームといったものも食べていました。
さらに、卵は毎日食べるようになってしまいました。なにしろプリン体ゼロですからね。
その後、いろんなサイトを訪れ、本を読むうちに、動物にも幸せに生きて天寿を全うする権利があるのだ、という事に気づかされました。
そしてこちらのサイト、『菜食のススメ』の、「と殺」の映像や、その他の画像が私を容易にベジタリアンにしてくれました。それぼど私にとって衝撃的だったのです。
ベジタリアンになって、体重が6キロ減り、以前はけなかったズボンがはけるようになりました。
血圧と血糖値が正常値内になりました。尿酸値はまだ正常値を超えていますが確実に下がりました。。
おかしな事に、私がベジタリアンだと知ると、
「え?肉食べないで大丈夫なの?」とか、「スタミナなくならないの?」などと、おかしな事を言う人がいます。
私の感覚では、
「え?肉食って大丈夫?」「どこか悪くない?」「疲れ易くない?」
などと思ってしまいます。それほど私の体調は絶好調です。
ところで、以前私は愛煙家でしたが、今や嫌煙家となりました。
こう言う人もいますね。
「肉は少しは食べた方がいいんじゃない?」とか、「少しぐらいなら食べても大丈夫だよ」と。
これがどんなに危険なことかは、次のように言い換えると、彼らにもピンと来ることでしょう。
「煙草は少しは吸った方がいいんじゃない?」
「少しぐらいなら吸っても大丈夫だよ」と。
煙草を吸っているからと言って、即、肺癌やその他の病気にかかるわけではありません。
同様に、肉食していてもすぐに大腸癌やその他の病気になるわけでもありません。
長い年月をかけて身体を蝕んで行きます。私は「煙草の危険度=肉の危険度」と認識するようになりました。
肉がはさらに悪い事には、未成年でも食べて構わない、という事です。
不思議な事に現在では、あれほど好んで食べていた、肉類、牛乳、乳製品に全く未練がないどころか、食べたいという気持ちも全然起りません。
ベジタリアンであることに誇りを感じるようになりました。
あの痛風発作に感謝しないといけないな。
ささやかながら、私はブログで菜食、動物の権利、その他健康関連の内容を発信しています。
近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さいね。
携帯版
PC版
posted by reasonvegetarian at 15:56| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

ちゅあき

1 菜食を決意した理由といきさつ
子どもが先天性の病気をたくさん抱えていて、いろいろ模索しているうちに、たどり着いた。
決意と言うよりも自然にそうなりました。

2 その後の苦労話
夫とその両親が肉好きなので完全な菜食主義とはなってません。
週2〜3回は食べるときもあります。魚も食べます。
子どもが給食で肉、魚を食べられなかったら困る、とも思って。

3 菜食をつづけて良かった点、悪かった点
以前のように胃痛、腹痛で苦しむ回数が減った。生理痛も軽くなった。
夫が肉を嫌うのを嫌がりますが悪いこととは思っていません。嗜好の違いなので。
いつか夫も菜食になってくれればとは思いますが。
posted by reasonvegetarian at 18:35| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

Y

始めたのは健康上の理由からです。
余りにも疲れやすく旅行や通勤も儘ならなかったので本を読みながら自分に合うことを試し続けてvegetarianになりました。

始めたら快適に過ごせるようになり止められなくなりました。
食べるものを変えると人生が変わります、環境も友人も。
これはほんとうです。
興味の対象に人の心に関することが多く入り込むようにもなりました。

買い物をするたびに「大切な何か」について考えるって、積み重ねれば内面は変わってきて自然です。

元の食事(日本人の一般的な食生活)に一月だけ戻ったことがありました、そのときにそれまでまったく無かった白い髪を何本か発見して、即刻veganになりました。

こんなに情報があふれているのに、多くの人がまるで見ない振りしてるみたいで不気味です。
自分の体をいじめてるみたいです。

vegetarianが少数なのは、日本のimmature度の現われかな?!
誰に何と言われようとこっちが良いので、今から普通の日本食に乗り換えることはありません。
posted by reasonvegetarian at 15:11| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

rei

肉食をやめて肥満とアトピーから解放されました。

以前、体重が2年で13kg.も増えたことがあります。

そして、少しあとから、ひどい皮膚のかぶれに悩まされるようになりました。
アレルギー専門医でパッチテストから血液検査までしても原因がわからず、
アレルゲン不明のアトピーと言われました。

その後、里親募集で迎えた猫によるらしいカブレもひどく出ました。
(医者は猫を手放せと言いましたが、とんでもない・・以下を読んで下さい。)

自己流ダイエットの無駄を思い知った後、プロの指導を受けました。

やせたんです!

食生活改善からお風呂の入り方まで学びました。

でも、ダイエットは減量より、継続がたいへんであり、大事だとも教わりました。
そこで、スリム継続と健康に良い食生活を続けているうちに、
自然とベジタリアンになりました。

ベジ生活になれた頃、あれほど頑固だったアトピーが出なくなりました。
猫アレルギーもまったく出ません。
体重も増えないどころか、少しづつ減っています。

もう、ベジ生活のありがたいこと!
動物性脂肪と動物性蛋白質がどれほど人体に有害か、
身を持って知りました。

私は、癌にも、脳梗塞にも、通風、生活習慣病にもならない自信がついたので、
民間の医療保険には入っていません。

皆さん、野菜、果物は高いと仰いますが、毎月保険料を払う事や、
入院、医療費を払う事、病気で苦しむことを考えたら、
安いものだと思います。

中年になっても、病気をしたことがなく、どの数値も正常で、
世間の人は殺された動物を食べるぶん、
自分の体も苦しみを背負うのかなと思ったりしています。

ベジタリアンは何かを我慢してなるものではありません。
動物にも人間の心身にも優しいのです。
(慣れると、体が肉やお酒を欲しがらなくなりますよ。)

元気一杯で猫と幸せな日々を送っています。
posted by reasonvegetarian at 06:31| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

Lily

1)菜食を決意した理由といきさつ

一番初めのきっかけは祖母からのすすめでした。
小さい頃のアトピーが高校生になって再発し、毎日悩んでいた頃でした。

薬を塗ってもおさまらないかゆみ、制限される食事・・・。
そんな私に祖母は米ぬかを煮出した汁でかゆいところを洗うように教えてくれました。

「お米にはすごい力があるんだよ。その大事な皮を私たちは削って捨ててしまってるんだよ。」

そして祖母は私のために小豆が入った玄米ごはんを炊いてくれました。
かみ締める程に甘いごはんになんだか感動を覚え、
高校生にして私はベジタリアンデビューしたんです。

お弁当には玄米ご飯、ベジハンバーグ、きんぴらごぼうなどの根菜類。

友達の目は少し気になりましたが日に日によくなる体調、
アトピーのかゆみもなくなり、そのことのほうが嬉しくてたまりませんでした。

そのうち、友達からも肌がきれいになったね、痩せたんじゃない?と言われ
ベジタリアンであることに自信を持てるようになりました。

祖母はその後も私のために体に良い食品、そうでないものを教えてくれ、
いつも聞かせてくれました。

祖母は40代のころに菜食を始め、今もずっと続けています。
そんな祖母に心から感謝しています。

2)その後の苦労話

学校や会社で外食に誘われたときが一番困りました。
家族や慣れた友人との食事のときは良いのですが
上司や仕事のお付き合いのときは誘いを断れず、
ベジタリアンであることを言えない場面もありました。

コンビニなどで簡単に食事を済ませなければならない場面でも
ラベルを見ると添加物だらけ、肉だらけの食品を見て、
何も食べたいものがなく困ったこともありました。

3)菜食をつづけて良かった点、悪かった点

うちは家族みんなが菜食ではないので、
自分だけベジタリアン食を作ることに疲れてやめてしまった時期がありました。

ほんのしばらくなのに体調の差は歴然、また頑張ろうと心に決めました。

自分にとって悪かったことはないと思っています。
posted by reasonvegetarian at 19:12| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

ひめこ

はじめまして。ベストセラーにもなった食品の裏側という安部司さんの本を読んでから食品の添加物について考えるようになり
口にいれるものについて考えて選ぶようになりました。

ロハスやマイクロビオテクスにも興味があったため自然と肉食をやめようと思いました。

肉をとらなくなっていらいらしなくなりました。
心が静かです。
posted by reasonvegetarian at 21:12| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

ひとか

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
一つ、ダイエットを始めたらたんぱく質を獣肉からとる必要が無いと考えるようにな
り魚肉しか口にしなくなった。その後魚も止め穀類主食のセミ・ベジタリアンになっ
ていった。

二つ、父親がほとんど野菜を食べず肉と少々の穀類という食生活を連けて来た人なの
だが、ひどく太りっており体臭がきつく性格も攻撃的である。これを見ると肉食が良
いとは思えない。

三つ、歴史的に見て(特に日本人は)頻繁に肉、魚を口にする必要が無いと感じたか
ら。

四つ、肉類の食品としての安全性に疑問がある。

五つ、人間が動物を飼うという行為(ペット、家畜問わず)に嫌悪感を覚えるから。

2)その後の苦労話
家族や友人が食べるものを完全に断ることは難しい。
はじめは健康上の理由を口実に外食を断っていたが最近は外食で出されたものは食べ
ている。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
ダイエットに成功した。
曲がり角の年齢を迎えたが肌の衰えを感じない。
野菜から水分を採りすぎてか、トイレが近くなった。
また傷の治りが遅くなった気がするが後者二つは菜食が原因かどうか不明。

4)悪かった点
家族は肉食するので調理が二度手間になる。
また穀類を食べると劇的なダイエット効果は無い。
(ただし魚肉食中心ののダイエットでは無月経等体調不良を多発していた)
posted by reasonvegetarian at 11:20| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

JAY (千葉県 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
健康上の理由から、マクロビオティックについて調べているうちに、このサイトに出
会いました。きっかけはこのサイトです。見ているうちにショックを、衝撃を受けま
した。しばらくショックで涙が止まりませんでした。それから本格的な菜食が始まり
ました。

2)その後の苦労話スーパーの肉売り場で気分が悪くなること。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など体重はあまり変わらないですが、体が軽く感じること。
吹き出物が減った。

4)悪かった点
特にないです。
posted by reasonvegetarian at 03:19| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

レイカ

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
もともとのきっかけはダイエットだったんです。
野菜中心にすれば痩せるのではというところから始まりました。
その後健康的に驚くくらい痩せたし気分も良いので本格的に菜食主義者になりまし
た。

2)その後の苦労話
苦労は特にありません。
ただ外食の時なんかは大変です。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
体重は驚くほど落ちた上にお肌も綺麗になったし良い事ばっかりです!
気持ちも前に比べると穏やかになったようですしなにより体が軽い!

4)悪かった点
ないです。
良い事ばっかりです。
posted by reasonvegetarian at 16:43| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

ごと 滋賀県

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
コレステロール値が少し高めだったのと、環境の事を考えて。

2)その後の苦労話
仕事などの付き合いで、肉食を余儀なくされる事。変人扱いされるので
自分がビーガンなのは内緒にしてます。
特に会社では絶対に言いません。あと、友人が遊びに来る時、
妻が料理をするのに大変そうです。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
スリムになりました。あと、心穏やかに暮らせます。

4)悪かった点
とくにありません
posted by reasonvegetarian at 14:52| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

とんとん 岡山県 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
体質を改善しようとマクロビオティックを始めた。
最初は週末だけ、と思っていたが、だんだんお肉を食べたいとは思わなくなった。 
インターネットでマクロビオティックやベジタリアンレシピを探すうちに、
動物のト殺シーンを見てしまい、肉を食べるのが嫌になった。

2)その後の苦労話
つきあいでは肉を食べざるを得ないことがある。
その場合、親しい人には野菜と交換してもらう。 
どうしても口に入れなくてはならない場合には「ごめんなさい」「ありがとう」と必
ず唱える。
じゃないと動物は何のために殺されたのかと虚しくなるから。
 昼食(職場)には困り果てている。
食堂の人に「オール植物性で」と頼めず、ほとんど口にできず、
こっそり持ち込んだ玄米おにぎりを食べている。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
アトピーが治った。花粉症にもならなくなった。
食事が楽しくなった。

4)悪かった点
なし。
posted by reasonvegetarian at 00:09| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

みやび 女性 東京都

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
小さい頃からアトピー肌で、お肉や甘いものを食べると痒くなっていました。
だから今まではなるべく食べないという生活をしていました。
それと昔から生理不順で、若い頃は気にしていませんでしたが、結婚してから漢方の
治療を始めたのですが、漢方の他に豚の胎盤(プラセンタ)を出されて、あまりの匂い
と豚の胎盤・・・という嫌悪感から飲むのが苦痛で、ここまで嫌な思いをして豚の胎
盤・・・というか動物を食べる必要があるのだろうかと疑問に感じた。
そして菜食について調べているうちに、肉食をやめれば体の不調も取り除かれると
知ったから。

 そして動物達の屠殺の真実を知って、今はショックで一杯です。
毎日のように寝る前にどれだけの苦しみか、どんなに恐怖か、と考えてしまい、映像
が頭から離れません。
我が家の愛猫でさえ、家に他人が来ると恐怖で隠れます。
こんなに小さい体でも、怒ったり、甘えたり、と色んな感情があります。
私も愛猫も他の動物も同じ様に心臓があり、赤い血を流す生き物で同等の命だと気付
いたから。

2)その後の苦労話
まだ今年に入って菜食に切り替えているので、苦労の連続です。
元々お野菜が大好きだし、野菜や精進料理を食べると幸せを感じるので、肉食をやめ
ることには苦労はしませんけど、自宅の冷蔵庫にはバターをはじめ、調味料など動物
性のものが結構あることを知って、私も主婦なので、急に全部総取替えも出来ないか
ら、使いたくないけど、仕方ないよね・・・という苦労がいっぱいです。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
 まだ始めたばかりなのに、肌が綺麗になってきたことを実感しています。
吹き出物も出にくくなったし、出来ても治りが早いように感じます。
 それと、肉食をやめると決意してから、目が生き生きしている気がします。
今までは栄養バランスのために摂っていたお肉ですが、今は大げさな話、私の魂が開
放された気がします。
なんて言えばいいのか分かりませんが、気持ちが楽になりました。


4)悪かった点
 ないと思います。
posted by reasonvegetarian at 02:27| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

べじたーぼ 愛知県 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
切っ掛けは体調の問題ですが、突き詰めて考えると、地球という枠の中で生きていく
上で、増え続ける人口と、肉食の為に畜産の拡大を両立させることは不可能というこ
とです。
家畜を養う為に人々を間引くか、人命を優先させ、肉食の為の畜産というものを諦め
るか、二つの選択肢しか無いのが現状だと思います。

2)その後の苦労話
自身の体臭というものが薄くなった分、他人の体臭が不快に感じられて・・・結構き
ついです。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
体調は頗る順調。肉食をしていた頃は股関節痛に悩まされたこともあったが、今では
全く無い。

4)悪かった点
食という欲望に支配されている人に対し、哀れに思うこと・・・要するに高い位置か
ら見下している自己を嫌悪するのです。
posted by reasonvegetarian at 15:05| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

MT(兵庫県/女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
妊娠をきっけかに食育に関係する本を読んでいると
乳製品をすすめないものが多く、最終的にたどりつきました
マクロビオテッィクなども興味をもったためです
あと、身内が乳がんでなくなり関連書籍をよんでいても
肉食はすすめてない、乳製品は除外しているからです

2)その後の苦労話
mixiで癌患者のひとには真実を伝えないと
癌細胞が促進されてしまうと思って
科学的データをもとに書き込みをしたら
酪農関係者や畜産関係者のユーザーに
屁理屈をいわれたり都合の良いデータで
論点をずらされたり、個人攻撃をされて疲れました

賢い人は自分で本を読んで勉強するから問題ないとは思いますが
酪農や畜産関係者のネットでの暴言が酷いなと感じました。


3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
便秘が治りました
20数年間続いていたアレルギー体質も
みるみるよくなっています
アレルギー性鼻炎も改善しています


4)悪かった点
特にありませんが、酪農関係の方とか
牛乳が大好きな方に、
菜食を子供にもおしつけることは虐待とか言われて傷つきました
癌細胞を劇的に促進する牛乳たんぱくを飲ませるほうが虐待だと確信しています。
posted by reasonvegetarian at 06:25| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

ロビン 大阪府 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
体臭と性欲を抑制できると聞いたから。
また、できるだけ周りに負担をかけずに生きたいと感じ始めたから。
決定的だったのは、憧れのクリス・マーティンと綾波レイがベジタリアンだから(笑)

2)その後の苦労話
・人と食事をする時気を遣う。
・栄養面に少し不安が残る。
・添加物や匂いに敏感になる。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
・体臭と性欲が抑制されてると感じる。
・体が軽く、体重が維持しやすい。
・安心感がある。(自己満足だけれど)

4)悪かった点
・特になし
posted by reasonvegetarian at 00:40| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

じゅんじゅん 東京都 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
私は屠殺の現場を見たことがあります。(面接もした)
その時は、若かったので「これも乗り越えねば」と肉を無理やり食べました。

それから十数年たった今。
ナチュラルハイジーンを初めて数年、会社の連中を見渡せば、イライラ感、とても僻みっぽく、負けず嫌い、人を蹴落とす、陥れるなど当たり前、いわゆる精神的に患ってる状態に近く思えてならないこと。彼らは体臭などとてもひどく刺激臭で、聞けば過度の肉食と外食産業の御世話か、ジャンクフードで過ごしてるであろう事が、会話や付き合い等から、良く伺えたのとかで、考えるものがありました。精神系で入院暦ありの元彼女も自称のグルメの類いだった事等。ヨガや中武をならってることから、健康への関心も深まっていき、とうとうヴィーガンとなりました。

2)その後の苦労話
身体の引き締まり、着替えるときに腹筋とか見られ、会社でよりひがまれ、習い事等に対する、風当たりが強くなりました。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
今は意外にも、より筋肉がつき、身体が引き締まった感じです。特に腹筋の割れなどには、効果的だと思えます。もう一押しとタバコを肺に入れるのをやめ、葉巻などの趣味に発展する切掛けとなりました。

4)悪かった点
意外と動物だけで、塩や砂糖までこだわってる人は、当サイトにはあまり見られませんが、私はそれも実践していますので
外食は食べるもの全く無いし、会社では弁当持参でないと困ります。テレビはグルメ番組ばかりで、食欲を煽るものばかりで、正気の沙汰では無い感じというか、呆れるばかりです。あと、どんなにきれいな女性でも、肉食してるとおもえば、汚く臭く感じゾッとします。
posted by reasonvegetarian at 10:19| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

まゆみっくす 埼玉県 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
「体に良い」はずの肉、牛乳を摂り続けているのに慢性疲労、イライラ、肌荒れ、腹痛等体の不調がひどくなり疑問に感じているところに“牛乳は実は体に悪い”という情報を得て、色々調べるうちに動物性食品の害悪を知った。

2)その後の苦労話
職種が小学校教師のため、給食を食べなければならない。必ず出る牛乳や、ハンバーグ等動物性食品偏重の食事を強いられる苦痛はもちろん、「食育」と称した誤った栄養学を子どもたちに教えなければならない現実に矛盾を感じている。立場と信念の板挟みになっている。それにしても、学校給食には本当に肉類や卵、乳製品がよく使われている。余談だが、「完璧な食生活」を知っているはずの我が校の栄養士さんは持病を抱え、しょっちゅうインフルエンザや風邪にかかっている。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
菜食を始めて5年間、給食や仕事の付き合いでは不本意な動物性食品を摂らざるを得ないが、プライベートでは菜食を貫いた。以前は慢性的に体が重くて疲れやすかったが今は驚くほど軽い。駅などでは当たり前のようにエスカレーターやエレベーターに乗り込んでいたが、今では気付くとスイスイ階段を上っている。また、格段に体調が良くなり病気にならなくなった。

4)悪かった点
全くない。
posted by reasonvegetarian at 21:31| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

おちゃん 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
2008年10月のとある日を境に菜食を始めました。

それまでの生活では特に制限を設けることも無く、周りの皆と一緒に食事を摂っていましたが、毎週のように酷い腹痛と下痢に悩まされていた為、
食べている物に原因があるのではないかと考えたことから始まりました。

元来食事にあまり興味を持っておらず、ある物を食べることだけでいい(駄菓子で済ませるとか)ような自分でしたが、がらりと食生活を改め、現在では稀に小型の魚を口にする(家庭の中での社会性の保持とでも言いましょうか)以外は菜食を行っております。
今の目標は妻より健康に長生きすることです。私に先立たれたら寂しいって言うので、私が見送る側に立つ為には健康でいるしか無い。妻には菜食を強要はしておりませんが、私と生活を共にしているうちに徐々に菜食寄りの食生活になりつつあります。二人健康でずっと一緒にいたいです。

2)その後の苦労話
勤め先では変わり者の一人として見られている程度ですが、会食等で周囲の方々から菜食をしている理由を尋ねられた際にはやはり説明が大変ですね。お決まりの「蛋白質が足りないよ」「スタミナが落ちるよ」「カルシウム不足になるよ」への返答も慣れたものですけどね。職場の栄養状態改善が出来たらいいなと考えておりますが、西洋式の栄養学を取り入れている限りは難しいですね。
子供の保育園での食事について、職員さんの理解を得ることが難しいですね。幸い子供に乳製品アレルギーがあることが発覚し、乳製品の摂取をさせずに済んでいます。学校給食でも学校側に掛け合って子供の菜食を目指します。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
劇的に体調は改善されております。下痢はありません。腹痛もありません。大病もありません。二度と肉、乳製品、卵を摂取する事は無いでしょう。(もし摂取するとしたら、天災に見舞われて補給物資を食べる時でしょうか。生き残る為に。)ちなみに以前から酒も煙草も無し。周囲の全ての方々にこの良さをお伝えしたいのですが、なかなか習慣というのは変える事が難しいので、少しずつ伝えて行くことを続けます。

料理をする事がとても楽しくなりました。植物原料で作るおやつを子供たちに振舞って「おいしい」って言ってもらえるのが嬉しいです。
現在三十代半ばですが、未だに高校生の時と体型は変わりません。世の中の営利目的のダイエット方法は全て否定できます。

4)悪かった点
無し。
posted by reasonvegetarian at 15:06| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

koh 男性 東京都

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
畜産動物は人間より体温が高いため、人間の体内に脂が入ると溶けずにたまりやすい、肉が腸で腐るため(府・内臓に肉が入る=「腐」)毒物を体内に生成しやすい、3.11から「放射能」について学び体積の大きい動物ほど「放射能」が濃縮され摂取することで吸収しやすい、等の事実を知った事から。

2)その後の苦労話
ラーメン、カレーが好きなため中々ストイックになれなかったこと。
外食の厳しさ。周囲からの意外な反発に対抗出来る程理論武装してなかったこと。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
動物を殺さない事に対する心の充足感。体重の変化。快調なカラダ。薬物漬けの食肉、革製品の製造方法等、様々な事実を知れたこと。

4)悪かった点
なし。
posted by reasonvegetarian at 17:53| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

まゆみっくす 埼玉県 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
以前投稿しましたが、もともとは健康的理由からです。最近は生命倫理の観点や環境保全の面からも、肉食の害を再認識しています。

2)その後の苦労話
自らも学校給食を食べ、また子どもたちにも食べさせなければならない立場が今とても苦しいです。肉を残そうとしている子に「大きくなれないよ!」と食べさせ、牛乳を飲みたがらない子に「健康のために飲もうね。」なんて飲ませている自分が詐欺師みたいで苦しい。でもそれが学校の「食育」であり保護者の希望でもあるから仕方ないのかな。だけど保護者の中にも「動物性食品はとらせなくないのでせめて毎日の牛乳だけはやめさせて下さい」など、肉や乳製品の害について正しい認識が広まってきているのを感じます。良いことですね。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
夏休みの間は給食がないので、出勤日も弁当で乗り切りました。やっぱり肉や乳製品を食べないだけでかなり体も軽く、体調が良くなりましたね。外での作業やボランティア活動にもスイスイ参加しました。アラサーな私ですが、20代前半の頃よりずっと体調バッチリです!

4)悪かった点
給食で「肉カレー、ゆで卵、牛乳」を食べてしまった日などは胃が重くなり気分的にも「あ〜あ…」と落ちてしまいます。そんな時「元気ないね。抵抗力つけなきゃ!」と私のコーヒーにガブガブ牛乳を入れてくれる“優しい”同僚の存在も頭痛のタネですね(笑)気持ちはもちろん嬉しいけど(^_^)
posted by reasonvegetarian at 14:19| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

ピコリーナ 滋賀県 女性


1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
ずうっと子宮・卵巣の病気を持っていましたが
2年前の誕生日に突然 ヴィーガンになろう!!
と決心しました。

2)その後の苦労話
特に苦労した事はないです
一般の人と食事する時は
同じものを食べたりしてますから


3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
子宮・卵巣の調子が良くなった
体重が減った
妙なだるさやイライラがなくなった

4)悪かった点
特に悪かった点は思い当たらないです
posted by reasonvegetarian at 18:29| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

いち 東京都 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)

永伊監督のセミナーに出席し、様々な知識を得たこと、

また3.11東日本大震災時の原発事故により放射能について

勉強し、健康に生き延びるための手段として、食べなくても

生活できるなら必要ない、と思い決断しました。



2)その後の苦労話

ベジであることをカミングアウトすると「ちょっとぐらい

いいじゃん」などと不勉強なカスが強要しようとしてくる

事に腹がたったこと。

知ってしまった事により、肉食の不条理さ、不合理さ、資本主義

の歪み等に憤りを覚えずにはいられず、それが逆にストレスになって

しまう事。



3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など

お腹あたりにあった異物感や便秘、体臭、体の重さ等が

なくなった事が良かったです。

環境や健康に良いという満足感も得られました。

付随して知識量も増えました。

良いことずくめです。

むしろ知ってしまったら肉食の不条理さ、不合理さ、資本主義

の歪み等が際立ち、推進している方たちは狂っているのだなと

強く感じました。



4)悪かった点

ないです。知れて良かったし、良いことずくめです。
posted by reasonvegetarian at 08:00| 健康的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。