2007年09月05日

mh

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
ずっと見ないようにしていました。肉や毛皮を命ごと奪われる動物のことを。
私一人が肉食をやめたって世界は変わらない。そう思ってました。

でもここ二〜三ヶ月の間に読む本や見る映画などに自分はもう変わらなくてはいけな
いのではと思うような印象を受けることが多々あり、もう止めなくてはいけないんだと思いました。

世界の問題ではなく、自分の中の問題なんだと分かりました。
自分がそれでOKかどうか。
自分が今のままでOKかどうか。
なのでベジタリアンになってまだ一ヶ月ほどです。

肉を止めるのは簡単でしたが乳製品については随分考えました。
ケーキもアイスもチーズも大好きだからです。
それでも卵、乳製品を食べていい言い訳は見つからず、乳製品も止めました。
畜産産業を後押ししているようなものだという答えしかでなかったからです。

ただ魚介類は食べます。
私の基準は自分がその命を自ら奪えるかどうかです。

2)その後の苦労話
外食の難しさはもちろんですが、会社の同僚とのランチや飲み会などが大変です。

みんな肉類と乳製品を止めた理由を知りたがるのですが、嘘はつきたくないですし、
かといって肉食の裏側を考えたからなどと言ってはまるでお肉を食べている人達を
非難しているように思われてしまいそうだからです。

私は取り敢えず「思い立って」「そうしようと思ったから」などと繰り返します。

何人かの同僚のうち一人だけ「動物愛護とか?」と聞いてくれた人がいたので、
自分で殺せない命を食べるのはずるいと思ったからと伝えました。
動物愛護とはちょっと違うんですよね。

他の同僚は私が何故そんなことをするのか全く理由が分からなかったようです。
外食にも困りますね。

私はまだ魚介類が食べれるから良いけれど
(パスタのペスカトーレとかボンゴレとかうどん、そばなどいけます)
完全にビーガンの人達は専門のお店でないと難しいですね。

もっとそういうお店が増えて欲しいです。

また、鞄や靴も難しいですよね。
海外にはビーガン向けの鞄や靴を扱う通販があるようですが、
日本でもそういう通販があればいいな。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
お腹が空きやすくなりました。
が、これは良い点か分かりません。困ります。
カロリーが少ないのかな?

4)悪かった点
すでに書きましたが、カミングアウト後の人付き合い。
休憩にみんなで食べるおやつとか、他の人が動物性成分が入ってないか
気にしてくれたりで、逆に申し訳ないです。
日本ではまだ異端ですね。

同僚に「お肉食べたくならない?」「我慢するの大変じゃない?」とか聞かれます。
でもそれは全然ないです。

もう選択肢として肉、卵、乳製品が消えてしまっているので、
ステーキやケーキを見ても、食べたいなあとは思いません。
もう食べれないんだなあ、残念だなあと思うんです。

どっちも大好きだったので残念だなあとは正直思います。
でももう食べることはないと断言できます。

ただベジタリアンなりたてのころはうっかりミスが多かったです。
ついコーヒーにクリームを入れてしまったり、
マヨネーズを使ったポテトサラダとか買っちゃったり。

今では自炊が一番安心だと分かりました。

こういうサイトを拝見すると、日本でも頑張っている人達がいるんだなと
心強いです。

友好的にベジタリアン人口が増えていけば良いですね。


posted by reasonvegetarian at 01:23| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。