2007年06月10日

はな(東京都)

ベジタリアンになることを決意したばかりです。

超肉食派でした。
グレゴリーコルベールの写真展を見たこと、
好きな人がベジタリアンであったことから興味を持ち、
ネットで色々調べて見ました。

食肉処理は動物虐待以外の何者でもない。
安楽死であろうとも、必要以上の殺生はされるべきではない。

私たちは肉食以外で十分生きていけるのですから。

ペットブームといわれる中、同じ動物である牛や豚や鳥は殺されていいのか?
私は無心論者ですが、動物は非常に好きなので、
動物虐待の観点から肉を摂取することを拒否しようと思いました。

野菜も無農薬などに気をつける必要がありますね。
エコロジーの部分にもつながっていければと思います。
今まで食してきた動物たちに懺悔したい気持ちでもあります。
この実情を知れば、みなベジタリアンになるでしょうね。

もっと啓蒙していくべきだと思います。
アピールのためのイベントなどあればぜひ参加させていただきたいです。


posted by reasonvegetarian at 18:55| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。