2006年02月20日

Chiko

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
 
「カルネ」という映画で、馬を裁く映像を見ました。
はじめはショックと「こんな映像を見てしまった自分はヤバイ」という思い出あたふたしたのですが、よく考えると自分が日常たべてる肉が全てそういう風に殺されているのだし、こんな風に動物が殺されているのは日常なのだと気が付いた。
その後、「肉を食べなければ不健康になる」という偏見も、忙しいスケジュールで超活躍している海外の役者やミュージシャンを見ながらなくなり、いろんな本やサイトを読んで、むしろ肉を食べないほうがカラダに良いと知った。
あとはもう迷わず、ベジタリアンになるしかない!と思った。
   
2)その後の苦労話
 他のヒトにどう説明すべきか、というのは、いまだによく考える。
 
3)菜食をつづけて良かった点、悪かった点
 
<良かった点> 
    
・自分で料理を作るようになって、色々勉強になってること
・体調がとにかくよく、人生で初めて健康的なダイエットに成功中
・精神的にも、スカっとしてる
・食肉や動物について調べて、色々と勉強になった
 
<困ってる点>
 
・偏見の眼差しで見られる機会が前より増えた。
posted by reasonvegetarian at 17:27| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。