2005年08月13日

kazu

ワタシが菜食になったわけは、ヨガ・瞑想を本格的にやりだしてからです。
去年からインドに、ヨガ・瞑想のコースを受けに行っているのですが、
特に今年のコース後は、肉や魚はカラダ的にもう欲しがっていない状態になっていました。
食べられないことはないのですが、野菜や豆のほうが美味しく感じるんですよね。
だから、カラダが浄化されてゆくごとに、自然と必要のないものが落ちていったという感じです。
瞑想には、消化にやさしいライト・フードがいい、というのも大きな理由でもあります。そんな感じです。

 ちなみに、インドではたんぱく質はなかなか取りづらかったのですが、日本は大豆製品が豊富でとても良いです。
なかでも納豆は素晴らしい。
安いし、ウマイし、1品でもおかずになるし、納豆エライ!


posted by reasonvegetarian at 00:00| ヨガの教え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。