2005年08月12日

ちゅーた

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
私は、魚、乳製品はとらせていただいてますが月に一度食べるか位で肉は約2年食べていません。
だからまだ完全ベジではありませんが…。

いきさつは元々、野菜が大好きで全く食べなくなる前からなるべく控えていたのと動物愛護と彼氏が完全ベジタリアンだったことかな。

2)その後の苦労話
今の私の環境は幸いベジに対する理解があるので今はそんなに苦労はないですがやっぱりべジに対する理解力がない方との食事はお互い嫌な思いをしてしまう事がありますよね。
特に飲み会やパーティーなど。
もちろん他人にもできればべジになってもらいたいって気持は少しはありますが、だからと言って肉を食べてる人に対して非難の気持はありません。
ただ、これを人に言うとちょっと変なのって言われちゃうんですが、べジじゃない人と食事をしていて肉を散々注文したくせに残してるのを見るととても悲しくなります。
私の考えでは食べる為に残酷に殺された動物なのに、最後は食べる事すらしてもらえなくゴミになってしまう。
これって食べられるよりももっとひどいと思うんですが…。
ただ単にその死を無駄にしてるっていうか。
だから肉の残り物や間違って注文してしまって来てしまった肉類は果たして食べた方がいいのかなって思ってしまう。
だってそこで誰かが食べなかったらただのゴミになってしまう訳で…。
でも、どこかで見たんですが、かといって自分のペットや知人が食べられる為に殺されたとしたらさすがにそれをむだにしたくないってので食べるのは無理で…。
こんな出来事があった時にもう一度ベジタリアンっていうのを考えてしまいます。
今は肉の残り物などはできる限りペットにあげたり持ち帰って食べたいって言う家族にあげたりしています。
これっておかしいかな???
結局どこかで食べると食べないとの線を引かなきゃいけなくってその引き所が難しいです。
でも私自身、その線の引き所はその時々少し変わってもいいんじゃないかなって思います。
あんまりきつくやっちゃうと私自身が少し参っちゃうからできる範囲で。

3)菜食をつづけて良かった点、悪かった点
良かった点は便秘をしなくなった事。にきびが出来にくくなったこと。
短気が少し減った気がする。
そして更に野菜が美味しいと感じる。


posted by reasonvegetarian at 00:00| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。