2005年08月07日

乙津省一

私がベジタリアンになったのは、今から14年前、一冊の本との出会いからです。
『暮らしの安全白書:学陽書房』でした。

この本は、当時としては強烈な内容で、普段何気なく食べている「肉」の危険性が大変ショックでした。

だって、こう言われているようなものです。

生まれてから、20年間、食卓で、おいしい、おいしい、と食べてきた肉が、

「ごめん、、、ちょっと報告がおくれたんだけど、
 いままで食べてもらった牛肉、実は、ホルモン剤漬け
 の牛肉だったから、癌になるかもしれないよ・・・」

お前、いまさら、それはないだろう(怒)

というような、ショックです。

この本が、今までの食生活を見直す、きっかけになりました。

もちろん、これだけでは、肉をやめる理由にはなりません。
なぜなら、安全な肉を捜して食べればいいからです。

でも、それから1年後、カナダに渡航することになり、
ベジタリアンの方と知り合うことができて、その人たちが、
普段何を食べているか? また、他の人たちと、何が違うのか?
をずっと観察して、マネをしていると、

妙に、そのライフスタイルが、心地が良かったのです。

これは、ちょっと、マジで、ベジタリアンになろう!

と、肉を断ちました。 いえ、、少しずつ、減らして行きました。


でも、カナダにはベジタリアン用の、カフェ、レストラン(レストランはほぼベジタリアンメニューを置いている)等が豊富なので、
ベジタリアンを続けるのは、適した環境でした。

そういう生活を続けていくうちに、ベジタリアンになりました。

最初の頃は、おもてなしの料理に苦労しましたが、
はじめに「ベジ」ということを伝えるだけで改善されるので

同じように悩んでいる方は、勇気を出して、伝えることをおすすめします。

そのような経緯でベジタリアンになったのですが、
日本に帰国後は、日本でベジタリアンは続けにくいということも
気がつきました。

おそらく、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの10年は遅れていると
感じています。

これから日本にベジタリアンの方が増えればとおもい、
私もベジタリアンをサポートするサイトを立ち上げ、現在は、
メルマガでベジタリアンの初心者を支援する活動をしています。

こちらです ⇒ http://www.geocities.jp/bplanet/

ぜひ、一度、訪れて、いただければとおもいます。

最後に、ベジタリアンになりたいとおもう方に一言応援があります。

もし、あなたが、ベジタリアンを少しでも続けるという行動を起こし、
心の奥に【心地よさ】を感じることができたら、あなたは、もう、
ベジタリアンになれます!

あなたの幸せなベジタリアンライフをお祈りいたします。


posted by reasonvegetarian at 00:00| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。