2014年07月04日

なつき 東京都 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)



色々と背景はあるのですが、直接的には知識として関心があった所に、

尊敬する音楽家がベジタリアンと知ったのを契機に始めました。



初めはどれ程続くかという実験感覚でしたが、4年経った今も続いています。



社会的最低限のお付き合いの為、ペスクタリアンを選択していますが、

徐々にそれも減らしていきたいと思っています。

(卵・乳製品は自分から買うことはしなくなりました)





2)その後の苦労話



幸い理解ある人が多く、日常生活では意見的対立はありません。

ネット上だと炎上しやすい話題なので触れづらいですね。

(こちらから議論することもありませんが)



旅行の際、少々周囲に気を配らなければならない位でしょうか。

ツアーの場合は添乗員さんに無理のない程度にお願いしてみたりします。

海外だとベジタリアンも普通なので、融通の利く場合もあります。





3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など



元々胃腸が悪かったのですが、食事前後に起きていた胃痛が減りました。

気分爽快!という変化はありませんが、明らかに怒りや闘争心は減りました。



体重に増減無し、心配していた貧血も現時点でありません。





4)悪かった点



特にありません。これからも続けるでしょう。
posted by reasonvegetarian at 14:12| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。