2012年12月05日

四六 茨城県 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
ちょっと恥ずかしいのですが「ジャングルの王者ターちゃん」という漫画がきっかけです。ターちゃんとその妻ヂェーンはベジタリアンです。ターちゃんは密猟者から動物達を守るために戦います。ヂェーンのセリフ「確かにニューヨークにいた頃は肉も魚も食べていたわ。でもアフリカに住んでターちゃんと暮らすようになって、かわいい動物達を殺して食べないと生きていけない都会の暮らしがあわれだって事がわかったのよ」「私が怖い事は、象牙や毛皮を好む人達が、間接的に動物を殺している事に気が付かない事。そして象牙や毛皮の一つ一つに元の命がかくされてるって事を知ろうともしない事ね。」この漫画の影響でベジタリアンとはどういう生き方ぞと調べるようになって、それまで知らなかった恐ろしい事を知って肉も魚(魚介類)も食べられなくなりました。考えてみたら、飼ってる猫がどんなに可愛くて毛並みが良くても殺して皮をはいで自分の身に付けようとなど思わない事と肉を食べない事は同じ事ですね。

2)その後の苦労話
調味料一つ買うのでも裏を見て動物成分が入ってないか確かめるので買い物に時間が掛かるようになりました。

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
特に何も変わらないと思います。

4)悪かった点
良くも悪くも体調に変化はないです。
posted by reasonvegetarian at 11:59| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。