2011年12月10日

もちゃん。東京都 女性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
中学生の頃に、有名な猫虐待事件について知りサイトを調べていたら、リンクに毛皮の残酷さを訴えるサイトやや食卓のお肉ができるまでというサイトがありました。
後者のサイトで肉食者はいかに健康面でよくないか、いかに動物虐待に関わってしまっているのかを知りました。その中でも屠殺シーンがあまりにも衝撃的で、こんな酷い環境で、最悪生きたままさばかれるなんて、もう牛さんや豚さんや鶏さんは食べられない(;;)!無理だ!と思いました。
その当日、母親に『私、もうお肉は食べたくない。』と宣言。
当時は怒られましたが、今では母親もベジです♪(魚は食べていましたが最近減らしています。)
まとめると、屠殺されるこたちが可哀想で食べるのをやめました。

2)その後の苦労話
当時は学校が給食だったのと、今までずっと外食には苦労しています。どこも肉料理ばかりだし、意外とミンチ肉などが入っていたり(わざわざ確認します。)、年齢的に周り菜食がいなくて(むしろ焼肉大好き!が多い)、時にはサラダしか食べれない、、なんてこともしばしば。あとは、肉食べれない!と言うと可哀想!と必ず言われるのがめんどくさいです(笑)

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
体が軽くなった☆魚を食べない日は疲れ知らず☆(魚もかなり負担だったみたいです、、。)野菜の美味しさがよりわかる☆穏やかになる☆(わたしは滅多に怒りません)お通じが素晴らしい☆(肉やめてから便秘してません)体重を減らすのがラク☆
他にも思いつかないだけでたくさんあるかと思います(o^-^o)♪

4)悪かった点
特にありません。
強いて言うなら肉料理(例えば唐揚げやステーキなど)のニオイが気持ち悪くなります、、。笑



☆・+.。
いまは魚も卵も乳製品もとるのでまだまだな菜食入門者ですが、目標はビーガンになることです\(^o^)/アニマルフリー


posted by reasonvegetarian at 12:43| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。