2010年04月13日

vege man 埼玉県 男性

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
 
菜食のススメを見て、肉食は様々な問題があるということがわかり、ベジタリアンと
して生きていくことを決めました。
 
特に屠殺場での動物の扱い方を見て、絶句しました。
あれを見て平気でいられる人たちはちょっと、、、。
 
2)その後の苦労話
わたしは18歳の実家暮らしなので、外でも家でも大変です。
親にはなぜベジになったかをいまだに話せていません、なので「は?なんで?」と
いった状況です。
他人にも偽善者だの宗教だの言われそうで怖いですね。
「草だって生きてるじゃん」とか屁理屈言われたくないし(笑)
かといって説明や討論をするにも空気が悪くなりそうで、、、。
やはり日本ではちょっと難しいところがあるかもしれませんね。  
 
3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
はじめてまだ間もないので今はまだわからないです。
皆さんがおっしゃっているように、「体が軽くなる」とか「エネルギッシュ」という
ようになれたらうれしいです。

4)悪かった点
これはやはり人間関係などだと思います。
あと食事をとるさいに少し大変です。

でも、続けていれば良いことがあると思うので、やったことの無い人はチャレンジし
ても良いと思います。


posted by reasonvegetarian at 17:50| 生命倫理的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。