2009年09月25日

yuki (福岡県 女性)

1)菜食を決意した理由といきさつ(きっかけ)
 もともと肉を食べると体の体温があがる傾向があり
次の日の口臭・排泄臭などには気がついていました。野菜も好きでしたし、もともと私にはそんなにお肉は向いていないと思っていましたが、「健康的」理由からお肉を食べていました。

しかし、陰謀論を知り、「日月神示」を知るにいたり、「お肉健康神話」は日本人に植えつけられたものであると確信しました。

西洋人に比べ腸が2メートル長い日本人は菜食にむき、逆にお肉は長い腸内で腐敗し、西洋人に比べ腸のガンの危険性が高い。
そんなことを知るにつれて菜食しようとすんなり思えました。


2)その後の苦労話
 明治になる前の食生活に戻すのが当面の目標ですが、外食が難しくなってきました。肉だけではなく保存料などにも恐怖心がでてきたからです。加工品も信用できなくなりおいしくなくなってきました。

 肉を食べないと体調壊すよ!
と日本人に言われるのがつらいです。 日本人はもともと、お肉食べないのに・・・
両親に「菜食」を心配されてます・・・
 

3)菜食をつづけて良かった点、体調の変化など
 スーパーの野菜コーナーが楽しくてしかたないです。

 一時的にはかえって太りましたw

 口臭がへったきがします。


4)悪かった点
 たまに加工品などに小さなベーコンとか入っているのを うっかり食べるとすぐに発熱して気分が悪くなります。

 卵・乳製品・魚もいまに食べれなくなりそうです。

 野菜作りがしたくて仕方ない。


posted by reasonvegetarian at 05:38| 総合的理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。